「Autoconstruccion(自己構築)」と「宙(そら)走る感性」

 

アブラハム・クルズヴィエイガス氏(メキシコ出身&在中の方で、幼少期を過ごしたメキシコシティ郊外アフスコに暮らす人々のセルフ・ビルドの手法に影響受けてるそうです)『水の三部作2』と

松龍氏 作品展『宙と墨』(世界を言語として表現しないので自由。闇と光。春夏秋冬。生と死。喜怒哀楽。感性にあふれている。参照:https://www.maturyu.com/blank)を拝見

(いずれもNoフラッシュでカメラok )

 

@エルメスギャラリーにて、鎌や包丁が押しピン仕様になってる図とてもシュール

友人がそこを背景に気取って会心ポーズを!撮らせてくれ爆笑

データ移動中、ドジってゴミ箱に入れてしまいなんと一括消去になっており、かなりの無念。。

素晴らしきナイスショットでした‼ 本気(マジ)で!

 

 

 

 

 

 

 

そのた | |
スポンサーサイト
- | |
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://hagire.jugem.jp/trackback/358
Trackbacks
Mail


Search this site :