銀河の森天文台

 

 

こちらも先月の旅中にて。北海道の天文台へ寄ってみたい!ということで今年になってから興味津々でした星空模様の一つをウォッチ。りくべつ宇宙科学館(銀河の森天文台)の大型望遠鏡(愛称:りくり)と2Fからの展望です

日中かつ曇が多い空でしたので、係員さまが巨大な望遠鏡の切替えを何度かトライしてくださって→R少年は木星、私はアークトゥルス星を拝見!明るい空でも煌々と!輝いておられました

 

 

 

 

そのた | |
層雲峡

8月の初・層雲峡写しです。ワーイ!思い出しては納涼なのです

ナガバキタアザミ、タカネトウウチソウ、イワハゼ、クロノミウグイスガグラ、チシマヒョウタンボク・・・ほぼ見分けられておりませんが・・山々にお馴染みの方にはきっと入門編ですね。野生の植物、生命力強くて伸び伸びイキイキ⤴沢山元気いただきました

黒岳ロープウェイのスタッフさまのジャンパーも眩しかったです⤴

 

 

そのた | |
ぬかびら・ほろか・kamishiroho railway museum

 


 

 

糠平(ぬかびら)・幌加(ほろか)駅跡、上士幌(かみしろほ)の鉄道資料館

8月のテツ日和でした♪

 

 

てつ | |
キクラゲとハスノミ

 

『おいしく食べて体に効く!クスリごはん』 http://list.liberalsya.com/?eid=25
に婦人科系疾患の特効薬はキクラゲとハスノミ、血流を促したり・止血・子宮トラブル全般に良いとあって、お疲れ様な女性方々へほんの差入ればかりにならないかと同本レシピ「白きくらげの中華デザート」試作中です@

初回、きくらげさんで作ってしまいました(´`;いかにも薬膳ちっくな風貌に、このままでは自宅用で終わる〜寒天とりんごジュースで固めてみる〜なんか寂しい、ハスの実と一緒に調達したピーナツペーストでクッキー焼いて添えてみる〜

もう1袋あるハスの実、次はきくらげでトライしてみたいと思います。お粗末さまでした(_ _)

 

 

おやつ | |
Lost and Found

8月、休みあるのになぜ忙しいんだと毎度思いませんか、寄ってくださった方、ご多忙な中ありがとうございます。お疲れ様です!

今月は自分も色々なことあって、つぶやきたい内容が全然まとまらないっす。がせっかくの休みありましたし、普段とは違うこと書きたいと思います。もしもランチ会で語ったならば、友達にすらどん引きされるだろう熱量で、なるべく省略して書きます。笑

 

 

先ずは少年のリクエスト『カーズ 3 クロスロード』を観てきた感想〜
友情溢れんばかりの作品、カーズは一緒に1から見ていて変わらず好きですが、今日特筆すべきは本編始まる前のショートムービー
『LOST AND FOUND』

イタズラ好きの男の子を通しての単刀直入なストーリー、そして大事な物や何かを失って得られること・気付くことの富…。数分ででっかいあたたかいもの観させていただき、ほっこりと楽しい思い出になっています。

そこから話とんでスミマセン、いきなりですが、今年上半期お気に入りの歌、3選ー♪

音楽の小ネタは折に触れると書きたいと思いながら、皆々様にとって大切な音について、浅はかなメロディーうんちくはさすがに書くのがお恥ずかしくブログ的にも散漫化しますけど、どーしても素敵だし!脳内リピート止まらないうちに備忘録かねて歌詞を引用させていただきます。どこかの端々で共感などちょっぴりあったら、ささやかながらとても嬉しいです。

(注:早とちり&うっかり者なためスペルミスと書き違いあるかもしれません。この3曲にリスペクトのあるお方、申し訳ありません_ _)

 

『Carry On』 Norah Jones、川上未映子訳詞

And after all's been said and done  言いたいことは言いつくして したいこともしつくして
Who said it best, were you the one?   あなたとわたし、どちらがうまく言えた? あなただったかな
Let's just forget, leave it behind  もう忘れよう 過ぎたことにして
And carry on  そして、前に進みましょう 

If you should find the time to speak  話す時間があるのなら
Then speak to me, I'd never keep  どうかわたしに
You from your final destiny   あなたの未来を止めたりなんかしない
So carry on  だから、前に進みましょう

Into the quiet I am bound  静けさにしばられて
What you have lost, yet peace surrounds  あなたが失くしたものを わたしは見つけることができない 怖いけれど でもどこかほっとしているの
So carry on       

Into the quiet I am bound
What you have lost, I've never found
I lost my nerve, yet peace surrounds  怖いけれど でもどこか穏やかな気持ちでいるの
So carry on

And now that all's been said and done
Who said it best, were you the one?
Let's just forget, leave it behind   もう忘れよう 終わったことにして
And carry on  

         

(「carry on」、直訳では「続ける」かと思いますが、それを「前へ進みましょう」とされていて。ここを筆頭に、随所、凄くありませんか・・本意もちろん各々リスナーに委ねられることなのでしょうが、ご本人の熱き想い、きっとこうでなかろうかとかなり強く考えさせていただいた和訳詞で。ちなみにこの曲の収録アルバム『DAY BREAKS』、すべての曲詞ともそれぞれ深く鋭く厳しくもあって美しいなと思いました。ノラ・ジョーンズ様の偉大さに改めて鳥肌。永きに渡り柔らかく強い音楽を世に送り届けられていて/それ以前にご本人はただただ好きで楽しいから創作されているかもしれませんが、とにかく素晴らしい感性の持ち主なのだろうなと、想像するに及ばない崇高な存在のお一人。美しき日本語を綴られている川上様も同様に)

 

‐‐‐‐‐‐‐‐
『たしかなこと』 小田和正

雨上がりの 空を見ていた 通り過ぎてゆく 人の中で
哀しみは絶えないから 小さな幸せに 気づかないんだろう

時を越えて 君を愛せるか ほんとうに君を守れるか
空を見て考えてた 君のために 今何ができるか

※忘れないでどんな時も きっとそばにいるから
 そのために僕らは この場所で
 同じ風に吹かれて 同じ時を生きてるんだ

自分のこと 大切にして 誰かのことそっと 想うみたいに
切ないとき ひとりでいないで 遠く遠く 離れていかないで

疑うより 信じていたい たとえ心の傷は 消えなくても
なくしたものを 探しに行こう

いつか いつの日にか見つかるはず

*いちばん 大切なことは 特別なことではなく
 ありふれた日々の中で 君を 今の気持ちのままで 見つめていること

君にはまだ 言葉にして 伝えてないことがあるんだ
それはずっと 出会った日から 君を愛しているということ

君は空を見てるか 風の音を聞いてるか
もう二度と ここへは戻れない でもそれを哀しいと 決して思わないで

※、*

どんな時も きっとそばにいるから

 

(3月の卒業シーズンに、おかげ様で少年Rも小学校卒業式を終えました。
「蛍の光」と「仰げば尊し」をセット拝聴できるかと安直に楽しみにしてました。最近の卒業式って違うのかと驚き、きっと学校と年度によりけりですね・・今回は「たしかなこと」「旅立の日に」など
いずれも素晴らしかったですが、特に『たしかなこと』。体育館中に鳴り響き、超越してます人類愛。。。しかも子どもたちの完璧ではない一生懸命な合唱!どんだけピュアかってやばいです。。ストレートにバシバシと心に響きました。この素晴らしい曲と歌詞を、卒業式に歌わせてくれ・聴かせてくださり、有難うございました!先生様方、お子様方)

‐‐‐‐‐‐‐‐


『To Built A Home』 The Cinematic Orchestra 
 (feat. Patrick Watsonバージョンはこちら→ https://www.youtube.com/watch?v=bjjc59FgUpg

There is a house built out of stone   石造りの家がある
Wooden floors, walls and window sills  板張りの床や壁 そして木の窓枠
Tables and chairs worn by all of the dust  ほこりをかぶったテーブルやイス
This is a place where I don't feel alone  ここは僕が孤独を感じない場所
This is a place where I feel at home  ここは僕が安らぎを感じる場所
And I built a home  僕は家を建てた
For you  君のため
For me  自分のために
Until it disappeared  そしてそれは消え去った
From me  僕の前から
From you  君の前から
And now, it's time to leave and turn to dust  さあ時は満ちた ここを去ろう そして塵に帰ろう
Out in the garden where we planted the seeds  2人で種をまいた庭
There is a tree that's old as me  僕と同じだけ年をとった老木も
Branches were sewn by the color of green  かつでは緑の芽で覆われていた
Ground had arose and passed its knees  根元の土は盛り上がり またぐほどだった
By the cracks of the skin I climbed to the top  木肌の裂け目を頼りに てっぺんに登った
I climbed the tree to see the world  世界を見渡すために
When the gusts came around to blow me down  突風が僕を吹き飛ばそうとした
I held on as tightly as you held onto me  僕は木を強く抱きしめた
I held on as tightly as you held onto me  君が僕を抱きしめたのと同じくらい強く

And I built a home
For you For me  君のためそして僕のために
Until it disappeared
From me
From you

And now, it's time to leave and turn to dust   さあ時は満ちた ここを去ろう そして塵に帰ろう

 

(『noma 世界を変える料理』エンディングで拝聴・・・感動を越えての感動、、感動と感動の掛け合わせ。。。1つの作品とともに在る人物と実話、あらゆる背景とめくりめく風景、大自然・・・じんわり)

 

 

えいが | |
四つ葉

大森ふるさとの浜辺公園に常設ビーチバレーコートがあるんですね!
先週Rの参加イベントにて、初めて行きました。太陽さんさん光眩しい日、草葉の陰から見させていただき

休憩タイム、探偵ナイトスクープの「四つ葉のクローバーの声が聞こえる子」ってトピック(正確にいうと同番組を絶賛する人に見せてもらった録画)をふと思い出し

その無邪気な小さい子のつもりになって・・力を抜いて耳を澄ませて探してみたら、すぐに2つ発見!!えーっっ信じるとこんなあっさり見つかるんだーっ。 ・・・はい、偶然ですよね。イタイです。

シロツメクサ(この日のはモモイロシロツメクサ)、冠の作り方は忘れちゃってましたが、花摘みと押し花、うん十年ぶりできて楽しかったですクローバー

 

 

 

 

こども | |
梅のパウンドケーキ

とろとろ黒糖梅(「うめ化粧水」作りで残った漬け梅さん達を黒糖で煮詰めたもの)でケーキ作ってみました
中力粉・全粒粉・ベーキングパウダーと塩少々を混ぜて→菜種油・豆乳・メープルシロップを泡だて器で混ぜたものと、とろとろ梅を入れざっくり混ぜ合わせて型に流す→180℃オーブンで30分焼いただけです

色が無い!(笑)工夫もなく我流で見てくれイマイチですが、味は梅さんたちの活躍でさっぱり&すっきり美味しくなってくださり、旬のものはそれだけで美味しいってまさに。最近、対等なR少年も「うん、おいしいね。夏にいいんじゃない」とコメント。どうもどうも⤴
梅さま達、ご馳走様&お粗末様さまでした

 

 

おやつ | |
七夕さま

ささの葉さらさら のきばにゆれる

お星さま きらきら きん ぎん 砂子

五しきの たんざく わたしが かいた

お星さま きらきら 空から 見てる

作詞/権藤はなよ 補作詞/林柳波

『たなばたさま』1941年発行だそうです(http://trenddailynews.com/archives/522.html より)

 

さてこのお歌が脳内に流れましたのも

この時期色んな所の短冊ウォッチするのが好き的なことをF様(過日、映画コメントをくださったお方)が仰られ、その何ともピースフルな粋センス!に私め大笑い

つられてその帰り道に通った短冊に在りました皆さまの願いごと、ひと時眺めさせていただきました

 

★彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのた | |
うめ化粧水

 

ズボラかつ美意識低めの自分は化粧水が無くなってくると、よく知らない水分を再び買わなければと若干ブルーになります(笑)

オーガニックなタイプを買い続けられたらいいですがコスパ厳しい、、と面倒くさがっていたところ、大森一慧様本に素敵そうな調合を発見・旬にスーパーでごろごろ売ってる青梅は入手していたので早速お試しを

 

【洗って水けをふき取った青梅をビンに入れ、ひたひた位の純米酒を入れる

   1週間ほどたって梅が黄色くなったらとり出し、残ったエキスに10%量のグリセリンを足せばできあがり】

  (参照:『からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て』)

 

グリセリンはマンデイムーン様にて購入(http://www.rakuten.ne.jp/gold/mmoon/)

かんたん!今回750mlの純米酒で作りまして、天然化粧水があっさりと沢山出来てくれうれしい限り

少しずつ黄色くなっていく梅さんを卓上に眺められるのも楽しく

できあがり・梅の香りほんのり纏いながらしっとりの使い心地でいい感じ

どくだみの花でも代用できるそうなので、次ぜひ試してみます

 

(抽出後の梅たちはとりあえず煮て、種を除き黒糖で煮詰めてみました

酸味が強めでジャムやコンポートとしては少々甘味不足

甘味を足して炭酸水で割ったらおいしいですが、大量に作りすぎたので後日ケーキに使ってみようと思います)

 

 

 

 

 

 

 

 

おやつ | |
ハリカフェ

ハリネズミカフェに行って来ました

ツンツンちょろちょろ…か眠ってる…かわええ🐁

 

 

観光で来られていたカナダ人男性様方の掌がとても大きくて

すっぽり包まれ居心地よさそうなハリさん

レディ?達の小さい手だと落ち着きわるいのか、腕に上って来たりチョロってました

 

 

 

 

 

 

 

そのた | |
Archives
Mail


Search this site :